新着情報

アーカイブ | RSS |
不動産査定・鑑定

不動産投資分析の基礎知識④

 

4. キャップレ-トとバリュ-アップ

今日は、キャップレイ-トとバリュ-アップの関係についてお話したいと思います。

物件購入後にリニュ-アル等により、不動産の価値を上げる(バリュ-アップ)ことで、入居率を高めることや、賃料の下落を将来に渡って抑えることが可能です。

例えば、入居率80%NOI5百万円の物件を1億円で購入した場合、キャップレ-トは5%です。

しかし、バリュ-アップによって入居率が上昇してNOI6百万円になった場合、投資利回りは6%に上昇します。                             

更に、保有期間中はNOI6百万円のままで、周辺の物件のキャッブレ-トも5%のままであれば、保有期間後は6百万÷5%=1.2億円と、購入時よりも20%もの物件価格の上昇に繋がります。

このようにバリュアップが劇的な収益性の向上をもたらす場合があります。

投稿日時: 2021-10-25 (288 ヒット)

印刷用ページ このニュースを友達に送る

カレンダー
<  2022年08月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
カテゴリ
電話番号 電話 0986228535 電話 0986228535